ホーム > 製造工程とまるふじ製麺所のこだわり

有限会社 まるふじ製麺所では、 長崎県・五島列島・有川で、300余年の伝統に育まれた五島手延うどんを、「手延べ」の技術と、この島に自生する「椿」や西海でとれる海水から精製された「自然塩(磯しお)」、製粉会社と共同で開発した小麦粉などをもとに、昔ながらの手延べの技術で真心こめて製造しております。


製造工程 (1) 練り上げ(練り機→踏み機)

小麦粉・食塩・水をこね合わせ「麺生地」を作ります。

その日の温度、湿度に応じて濃度(配合)を微妙に変えるので、その日の作業の良し悪しが決まる大事な工程です。

製造工程 (2) 切り回し(板機)

麺生地を渦巻状に切り回し、ロープ状に巻き込んでいきます。

さらに、3本の麺生地を合せヨリをかけながら1本の麺を巻き込んでいきます。

製造工程 (3) 細目(板機)

ロープ状に巻き込んだ麺生地を引き延ばしながら、麺紐としてさらに細くしていき、この時五島特産の椿油を塗り込んでいきます。

麺線に椿油を塗り付けるのは、熟成・延ばしの繰り返し作業性の長い手延べ製法だけの特徴でもあります。

製造工程 (4) 小均(自動巻き機)

寝かせた麺紐を、大きさを整えながらさらに細く細く引き延ばしていきます。    

製造工程 (5) 掛け巻(掛け機)

細くなった麺紐にヨリをかけながら、2本の棒に8の字を描くように掛けていきます。

この工程で最終的な麺線の太さを調整し、さらに2時間程室箱の中で熟成(寝かせ)させます。

製造工程 (6) こびき⇒ハタ掛け (小引き機→大引き機)

熟成の進み具合を見ながら、およそ50㎝前後に引き延ばします。

大引き機によりさらに長く延ばし「はた」と呼ばれる器具に掛けていき箸状の棒を使い麺紐1本1本を分けていきます。

さらに徐々にはたを上げていき最終的に150㎝程の長さまで延ばし乾燥させます。

製造工程 (7) こわり(乾麺切断機)

麺水分比を10%前後に乾燥させた麺を製品サイズに切断します。

製造工程 (8) 選別・目視検品

麺線の不揃いや曲がり麺を取り除き、異物混入など無いか目視にて確認します。

製造工程 (9) 結束・袋詰・梱包

製品に応じて、100g単位で結束し袋詰するなどし、最終的に金属探知や印字不良などを検査し出荷されます。

PAGE TOP